コンプレックスを払拭したいなら|ほくろ治療の方法を知っておこう

看護師

施術にかかる費用相場

美容外科でのほくろ治療は、1mmあたり5,000円前後の費用相場となっているのが一般的です。ほくろの大きさや深さによってはレーザーではなくメスを使用する手術になる場合もありますが、まずは事前の無料カウンセリングで相談することが可能です。

頬を触る人

実績が豊かな医師の下へ

人それぞれでほくろの状態が違うため、ほくろ除去の治療を受ける時は、実績の豊富な医師がいる美容整形外科を選ぶのが大切です。そのうえで相性が良く、カウンセリングをしっかり行ってくれ、希望や悩みも丁寧に聞いてくれることを基準に選びましょう。

除去方法は複数ある

医者

大きさによって決まります

顔のほくろはチャームポイントとして個人の魅力を引き出してくれますが、場合によってはコンプレックスになることもあります。大小、場所に関わらずほくろがコンプレックスとなっているのなら、美容外科での治療を考えてみましょう。美容外科で用いられるほくろ除去施術は、レーザー治療と切除縫合治療が主となります。小さいものならレーザーを使用し、大きなものはメスにより除去していきます。レーザーが適用されるのは、1ミリから5ミリほどのほくろで、多くの美容外科で受けられます。このレーザー照射による治療は、ほくろ細胞を削る形で除去していきます。予めほくろの状態を確認した上で適切な照射がなされるため、盛り上がったものも根が深いものも、しっかりと取ることが可能です。局所麻酔を施して行われるので、治療の痛みを気にする必要もありません。ほくろ組織の除去が完璧でないと再発することも考えられますが、現在の美容外科では最初に照射デザインを決めた上で行われています。そのため、再発に関してはそれほど心配しなくても良いでしょう。美容外科の中には、万が一の再発に備えて一定期間保証を設けているところもあります。そういった施設を利用すれば、再発しても無料で治療を受けることができるので安心です。5ミリ以上のほくろとなると、メスを使用した切除縫合手術が適用されます。ほくろの除去は、顔や腕など、普段露出している部分の施術が大半となるため、傷跡を心配される方もいるでしょう。もちろん手術後は傷跡が残りますが、繊細な縫合術で縫い合わせるので目立つことはありません。ごく細い線がみられるだけで、縫い痕が顕著に現れることはありません。周囲から見ても簡単には気付かれないでしょう。傷跡そのものも数ヶ月ほどかけて消失していくため、切除縫合で傷跡がネックとなることはありません。また、美容外科の中には電気分解法による除去を採用しているところもあります。電気分解での除去は、適用サイズも効果もレーザーと同等となります。除去治療を受ける際には、照射治療と切除治療の両方を採用する施設を選択し、医師の判断の元適切な方法で受けましょう。

ウーマン

レーザーで除去します

体にできたほくろを除去したいなら美容外科・皮膚科に受けてもらいましょう。炭酸ガスレーザーという施術方法を採用しており、事前に麻酔を打つので痛むことなく治療できます。施術の跡は紫外線の影響を受けやすいので、治療の時期は秋〜冬が適しています。

女の人

レーザー照射が主流です

ほくろが顔の目立つ部分になると、容姿の面で悪影響が出てしまったり、老けて見られたりする原因になります。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、レーザー治療によるほくろ除去が主流になっています。健康な皮膚にダメージを受けにくいのが特徴です。

女の人

大きなものは外科手術

ほくろの治療には外科手術、電気メス、レーザーの3種類があり、ほくろのタイプによって最適な治療法も変わってきます。大きなものは外科手術、盛り上がったものは電気メス、平らなものはレーザーで治療するのが一般的です。